ハワイのB級グルメイベント「イート・ザ・ストリート」


アメリカといえば、パーティやフェスティバルを頻繁に開催するイメージがあります。
ハワイでは、その陽気なノリからより多くの、そして個性的なイベントが開催されています。
その一つが「イート・ザ・ストリート」です。
フードトラックと呼ばれる移動式の屋台が所せましと並ぶ様を見るだけでもお祭り気分に浸れます。
今回は、そんなイート・ザ・ストリートについてご紹介します。

イート・ザ・ストリートってどこで開催されてるの?

eat-the-street

アラモアナビーチパークからほど近い、カカアコ地区で開催されています。
ワイキキからも徒歩で行けるほどの距離です。
カカアコ・ウォーターフロント・パークという、海に近い場所でのこのイベントには、全オワフ島からフードトラックやお店がやってきます。
俗に言うB級グルメの祭典のようなもので、毎月最終金曜日に催されています。
フードトラックのみならず、テントやブース、巨大照明があるので誰でも興奮してしまうほどの人気を博しています。
午後4時から9時までの開催ですので、沢山の味を楽しむためにお腹を空かせておくと、より楽しめること間違いなしです!

イート・ザ・ストリートでは何が食べられる?

b192c805044bdad6a29181dce386f807_s
http://mahalo5.com/

集まるフードトラックやテントに入る企業には、毎月のテーマがあります。
例えば、中国系移民が多く参加する「中国系B級グルメ」がメインであったり、「ハワイ独自のスイーツ」などがテーマに挙げられたことがあります。
多民族国家であるアメリカらしく、日系、フィリピン系、中国系、韓国系、アメリカンなどなど実に様々なテーマがあります。
有名店や、日本のB級グルメでよくあるパターンの勝ち抜き勝負なども行われます。
ハワイに行く前に公式サイトより、その月のテーマを確認するのが無難な方法でしょう。
しかし、前情報無しにいきなり行っても大熱狂できる魅力があることだけは共通しています!

イート・ザ・ストリートを最大限楽しむためにはどうすればいい?

5
http://www.hawaii-arukikata.com/news/2015_1022-eatthestreet.html

ロコも観光客も、午後6時には行列を作ります。
1時間待ちや売り切れなどのフードトラックはこの時間辺りからちらほらでき始めます。
そこで、オススメの作戦をお伝えします。午後4時丁度は、まだまだ人が少ない状態です。
その時間帯からイート・ザ・ストリートを軽く巡り「これだけは外せない!」という商品を品定めしておき、そのフードトラックやテントに重点的に並ぶという作戦です。
この作戦を使えば、ほぼ間違いなくどんな有名な店舗でも確実にB級グルメを食べることが可能です。
しかし、午後4時は早すぎる、もっと他の場所を観光してから行きたいという方もいるでしょう。
そんな場合も過剰な心配は不要です。
実は、イート・ザ・ストリートのルールには「各店舗が最低1つ以上のテーマに合った商品を提供する」というルールがあるからです。
したがって、テーマの商品が全て完売という状況や、食べ物自体が全く無いという状況は考えにくいのです。
しかし、閉会の直前では店を閉め始めるところも多くなるので、遅くとも午後7時には到着しておきたいところだと言えるでしょう。
逆に、行列ができるお店にはハズレが無いだろうと当たりを付ける作戦もオススメだったりします。
毎月開催されていて、スイーツから麺類など様々な料理が並ぶので、家族で行きたいイベント、それがイート・ザ・ストリートの特徴だとも言えます。

カカアコ・ウォーターフロント・パーク
住所:102 Ohe St, Honolulu, HI 96813