ダイヤモンドヘッド マーケット&グリルの絶品スコーン


ハワイのスイーツで欠かせないのは何と言ってもスコーン。
元はイギリスが発祥のようですが、アメリカ大陸を経てハワイに上陸し、独自の発展を遂げています。
今回は中でも人気のダイヤモンドヘッド周辺にある「マーケット&グリル」のスコーンをご紹介します!

マーケット&グリルはどこにあるの?

cimg6626_p
出展:http://yaplog.jp/waikikitrolley/archive/235

マーケット&グリルはワイキキ中心部からは少し離れた場所にあります。
歩いて行くにはちょっと遠いのでレンタカーを利用する際に訪れてみてください。
車でしたらワイキキのカピオニラ公園とホノルル公園方面を目指すように進むとモンサラット通りに出ます。さらにカハラ方面に進みむとお店が見えてきます。
白地にモノクロの看板が見えたらそこが「マーケット&グリル」です。
ひっそりと構えているお店で見落としやすいので注意して見ていてくださいね。
場所がわかりにくい場合には青色のストライプのサンルーフも目印になるかもしれません。
また駐車場は広くないので、タクシーで行くのも賢い手段だと言えるでしょう。
実際、ハワイ通の日本人の間では大人気なので、駐車場が混雑していることがあります。
ちなみに、パシフィックビーチから徒歩20分前後でたどり着くことができます。
大人だけで行くのなら、お散歩ついでに行ってみるのもよいでしょう。
ただし、日差し対策はお忘れなく。

住所:3158 Monsarrat Ave, Honolulu, Oahu, HI 96815

マーケット&グリルの絶品スコーン!

20111005_1682131
出展:http://alohabest.blog19.fc2.com/blog-date-200807.html

スコーンの種類は日替わりになっています。
どのスコーンも大きめで手に持った時の重量感に驚きます。
口の中にいれるとほろりと崩れ、繊細な甘みが口の中に広がります。
大きなスコーンですが甘みはくどくないのでペロリと食べられてしまう、まさに「魔法のスコーン」という異名がふさわしいでしょう。
子供にも食べやすいので、子連れでハワイを訪れる際にはもってこいです。
そしてオススメは、「ブルーベリーとクリームチーズ」のスコーンです!
クッキーと間違うくらいしっとりしているスコーンには、同じくマーケット&グリルで売られているコーヒーや紅茶との相性が抜群ですのでぜひ一緒に食べてみてください。
他に定番のスコーンとしては、「バナナクリーム」「アップルシナモン」「マカダミアナッツ」などがあります。
行ってみなくてはどのスコーンが売られているか分からないのも楽しみの一つですね。
お目当てのスコーンがなくても気にすることはありません。
だってどのスコーンも絶品ですから!

スコーン以外のオススメ商品は?

001879
出展:http://www.mo-hawaii.com/doronjo/1879.html

スコーン以外には「レモン・クランチ」というふわふわタイプのスポンジケーキも人気の商品です。
ふわっと香るレモンの匂いとしっとりした食感が舌を楽しませます。
こちらも子供に大人気の商品です。
また、他にも日替わりで色々なケーキが売られています。
どのケーキも甘さが控えめなのにコクがあり絶品♪
変わり種としては「バターモチ」という商品があります。
DSC07615
出展:http://www.mo-hawaii.com/catherine/20331.html

ネーミングの通りバターでコーティングされたおモチです。
スコーンなどのスイーツと一緒に食べるとおモチが意外と美味しく感じるんです。

ワイキキから若干距離があるので敬遠されがちなお店ですが、ここのスコーンは1度お試しいただく価値があります!
レンタカーを借りる際や、ダイヤモンドヘッドに行く時についでにでもぜひ足を運んでみてくださいね。