ハワイでも大人気の「丸亀製麺」!日本との違いは?


ワイキキの中心地にある巨大讃岐うどんチェーン店の「丸亀製麺」。
ハワイでは「Marukame Udon」と呼ばれています。
お店の前を通るたびに大行列!
そんなハワイでも大人気な「丸亀製麺」の日本との違いをご紹介します。

Marukame Udonとは

hawaii10_01
出典:http://www.hawaii-ryokouki.com/

日本では言わずと知れた讃岐釜揚げうどんのお店「丸亀製麺」。
注文時には着席前に好きなうどんや天ぷらのメニューを選び会計を済ませた後に食事するというセルフスタイル。
ハワイの丸亀製麺も注文のシステムは日本と同じセルフスタイルとなっています。

ハワイでは「Marukame Udon」の名前で現在2店舗が展開されています。
1店はワイキキのクヒオアベニュー沿いにある「Marukame Udon ワイキキ店」。
お客さんの8割が観光客で、その半数程度が中国台湾系の観光客です。
もちろん欧米人やローカルにも人気で、国籍や年齢を問わず誰もが安心して食べられるジャパニーズファストフードとなっています。
もう1店はオアフ島のダウンタウンにもあり、こちらのお客さんはローカルが多く、ワイキキ店とは違い店内がゆったりしていて、外にはテラス席もあります。
またテイクアウト専用の窓口があったり、メニューも若干異なるようです。
こうなると両方の店舗とも行ってみたいですね!

行列に並ばずに食べられる時間は?

h10_2
出典:http://fitnessfreak.air-nifty.com/blog/2012/04/4-dd30.html

ワイキキ店では行列が耐えることがありませんが、17時頃ですと比較的空いているようです。
ゴールデンタイムの19時過ぎになると大行列なので、オススメは16時30分〜17時30分の時間帯です。
早めのディナーを取った後、バーでお酒を楽しむのもいいですね。
でも子連れ旅行ですと中々バーなどに行く機会は取れないと思います。
そんな時はホテルのラナイでゆっくりビールを飲むのもオツなものです!
お子様もホテルのほうがゆっくりできますし、1日遊んだ疲れを早めに癒やすこともできます。

日本の丸亀製麺との違いは?

14.11hawaii-317
出典:http://www.mo-hawaii.com/mamalemon/12333.html

日本の丸亀製麺とハワイの「Marukame Udon」との間にはいくつかの違いがあります。

例えば、
・ドリンクコーナーがあること
・ハワイならではのスパムむすびがあること
・天ぷらの種類
(ハワイではアスパラガス、マッシュルームなどがあります)
・うどんのサイズ
(さすがアメリカ!日本で食べるよりサイズが大きいのです)
などが違います。

もちろん日本と同様におむすびやいなり寿司もありますし、天ぷらも野菜かき揚げ、えび、いか、ちくわ、サツマイモなど定番のものがそろっています。

他には、
ねぎと天かすを自分で好きなだけ入れられなかったり、ゴマが置いていないのが違う点としてあげられます。
あと一番驚いたのは「店内にトイレがなかったこと」。
入店する前にはトイレには行ってから並ぶとよいかもしれませんね。

そんなちょっとした違いのあるハワイのMarukame Udonですが、ホノルルでの外食店にしては価格が安く、チップも要らないのが人気の秘密なのかもしれません。
20120608_001_marukame_03
出典:http://chouyakuc.blog134.fc2.com/blog-entry-116.html

そしてうどんの付け合せの天ぷら、特にエビ天と野菜かき揚げは日本と同じく大人気!
打ち立て、茹で立ての讃岐うどんにはアツアツの天ぷらは外せませんよね。
まさに列んででも入りたいお店です!

日本の味を、世界中の観光客が行列を作り、美味しそうに食べている姿を見るのは日本人としてうれしいもの。
そして、ローカルスタッフがテキパキと働く様子も日本と同じ。
うどんの味だけではなく日本と同じシステムにホッとしたにを覚えています。

どれだけハワイが大好きでも、滞在中には日本食が恋しくなる時もあります。
そんな時にはぜひお腹に優しいうどんで日本の良さを再確認してみてはいかがでしょうか?