ウルフギャング・ステーキハウス、子連れで行く注意点は?



アメリカと言えば、BBQなどで豪快に肉を焼いて食べるイメージがあります。
ウルフギャング・ステーキハウスは、まさにそんな「肉肉しい」料理を提供してくれるお店です。
では、さっそく具体的にみていきましょう。

ワイキキの超人気ステーキハウス

20131128222720

ウルフギャング・ステーキハウスは、NYの名門ステーキハウスで40年以上活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立して2004年マンハッタンに創業。こだわりのステーキの美味しさで瞬く間に繁盛店となりました。現在では、舌の肥えた美食家をも唸らす”極上ステーキハウス”として、ニューヨークをはじめ、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズで絶大な人気を誇ります。日本国内1号店の六本木店は、アメリカ国外初出店となります。

元はアメリカ本土で大人気だったのですが、ハワイにも出店を遂げたのでした。
日本でも有吉弘行さんの「有吉の夏休み2014密着100時間inハワイ」で紹介され、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
お店のコンセプトは「今までに無いステーキが味わえる場所」というだけあって、長期間熟成されたお肉や、大きなワインクーラーがあり、至福のひと時が過ごせるようになっています。
ハワイにステーキを出すお店は数あれど、ウルフギャング・ステーキハウスレベルのお店はありません。

有吉の夏休み2014密着100時間inハワイ
※14分ころから紹介されています

ウルフギャング・ステーキハウスの料理

01
絶対に注文したいのは、何と言っても一ヶ月かけて牛肉のアミノ酸を分解してから提供される「ポーターハウス・ステーキ」です!
表面の焦げ具合、滴り落ちる肉汁など見た目からして垂涎ものです。
味も豪快な歯ごたえがありつつも、決して固くて噛み切れ無いということは無い、ほどよい柔らかさを持っています。
内部がレアなのも、牛肉に自信があるからこそできる芸当です。
自慢の肉を心ゆくまで堪能しましょう。また、シーフードの盛り合わせなどを前菜に頼んで、ワインを食前酒として飲むのもアリだと言えます。
ロブスターとシュリンプがメインなのであっさりと食べることができます。
さらに、デザートにも力を入れているので、家族でも楽しめる名店レストランがウルフギャング・ステーキハウスだと言うこともできます。
ご注文は2人前から可能で、2人前でも日本で言う3人前はあります。人数とお腹の好き具合を考慮して注文してくださいね。
※大人3人で2人前を頼んでもお腹がいっぱいになるくらいです。夫婦と小さなお子様2人位でしたら2人前で足りるのでは。

予約方法と場所は?

open_table_logo_nuevo_2
満席では無い日が無い、と言われるほどに大盛況になっています。
お腹が空くと子どもにも負担がかかりますので、必ず予約をしてから行きましょう。
予約には2つの方法があります。

▼電話

電話番号:808-922-3600
簡単な日本語が通じる場合がありますが、定型文で良いので英文を用意すると無難だと言えます。
朝11時から受け付けができます。

▼WEB

OpenTableというサイトから予約することが可能です。
電話で英語で予約する自信がない方、日本にいるうちから予約をしておきたい方はこちらをご利用下さい。
英語のサイトですが、人数・日付・時間を選ぶだけですので難しいことはないですよ。

場所はカラカウアアベニュー沿いのロイヤルハワイアンセンターC館の3階です。
住所:2301 Kalakaua Ave. Honolulu, HI 96815

お得なハッピーアワー!でもご注意を

WS-Locomoco_400
11:00am-6:30pmでしたらハッピーアワーを利用することができ、ドリンクは5ドル、ロブスターやハンバーガー、ロコモコなどの料理も7ドルで頼むことができます。
ステーキもなんと34.95ドルで食べることができます。
断然お得なのですが、ハッピーアワーはカウンターのみの利用となり、更にお子様はカウンターに着くことができない決まりらしい。
小さなお子様のいる子連れハワイ旅行者がハッピーアワーを利用するのはちょっと難しそうですね。

ドレスコードは?

Tr00100420120424073839812
とてもオシャレなレストランでカジュアルな感じではないですし、折角ならば軽く正装していくことをオススメします。
男性ならば襟付きのシャツやポロシャツにビーチサンダルではなく靴で、女性ならばTシャツではなくワンピースやドレスがいいのではないでしょうか。ジャケットまでは必要ありませんし、ショートパンツでも問題ありません。
お子様に関してはどのような格好でも問題無いと思いますが、旅行に持っている服の中でもフォーマルに近いものを選ぶのがよいでしょう。
ただし、お店には日本人のお客さんが非常に多くドレスコードを守っている人ばかりでもありませんので、ドレスコードを守っていないと入店を拒否されることもありません。(もちろん水着はNGですよ。)
ショートパンツにビーチサンダルでも入店して食事している方もいました。
ですのであまり気構える必要はありません。
でも、それなりに高級なレストランですので正装していくと気分も変えて食事を楽しむことができますよ。

えっ?日本でも食べられるの?

実は日本にも六本木、丸の内そして大阪に店舗があります。
ハワイまで待てないという方はぜひ日本のお店にも行ってみてくださいね。

ウルフギャング・ステーキハウス 六本木

ウルフギャング・ステーキハウス 丸の内

ウルフギャング・ステーキハウス 大阪