ハワイで焼き鳥を食べたくなったらグラッドに行こう!


グルメストリートワイキキの東のカパフル通りに、大阪、東京、名古屋を中心に店舗を拡大している焼き鳥で有名な「鳥貴族」の海外進出第1号店「焼き鳥グラッド」があります。
焼き鳥のサイズが大きいことで人気となり、日本でも店舗数を増やし続けていますが、ハワイでも満足感のある量と美味しさでロコの絶大な支持を得ています。
行列のできる店としても人気があります。

焼き鳥グラッドって?

header_img_02

「焼き鳥グラッド」の場所はレナーズやセーフウェイの少しワイキキよりに位置し、近くには「オノ・ハワイアン・フード」があります。
ワイキキからでも歩いていけますよ。
ちなみに日本では全品280円の均一価格ですが、ハワイはメニューのすべてが3ドル90セントです。

「焼き鳥グラッド」の社長さんは、新婚旅行で行ったハワイで、あまりの快適さに衝撃を受け、奥様と「将来はここに住もう」と約束を交わしたほど。
18年間のサラリーマン勤めを経た後、やっとの想いで鳥貴族のFC開業を実現するも、その半年後にガンが発覚。
余命2ヶ月の宣告を受けたそうですが、3回の手術の後に奇跡的に一命を取り留めることができたそうです。
そんな経験から「再び命をもらったんやから、残りの人生は、思いっきり人を喜ばせたい」と考えるようになり、社名をGlad(喜び)と名付けたそうです。
そして「大好きな仕事で、大好きな地に店をもてたら最高だ」そう言い続けたてきた結果、ハワイへ焼鳥レストランを出す夢が実現したそうです。

焼き鳥グラッド人気の秘密は?

img_4
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/miishastyle0402/36227028.html

営業時間は17:00~00:00以前は毎週火曜定休でしたが、お休みなく営業しています。
19時過ぎるとかなり行列ができますので、早目に出かけるのをおすすめします。
焼き鳥グラッドは何よりも焼き鳥の一串が大きいんです!
満足感のある量、安さとおいしさがロコに大人気の秘密なのかも。
つくねチーズ、ぼんじり、手羽先、砂肝、特大のモモネギマも、大ジョッキでもウーロン茶も同じ値段の3ドル90セント全て日本で食べるのと変わらない美味しさです。
メインの焼き鳥以外もいろんなメニューがあって、鳥の釜飯が人気でどのテーブルも頼んでいましたが、結構時間がかかるので最初にオーダーすることをオススメします!
店内は日本の居酒屋と同じ雰囲気で楽しむことができます。
メニューも充実しています。
メニューはすべて英語ではなくローマ字で書かれた日本語。
解りやすい写真もついたメニューなのでローカルにもとっても親切です。

日本で焼き鳥屋さんの社長が事業を成功させ、余命ニヶ月と宣告されてから、社長さんの夢が叶った「焼き鳥グラッド」。
成功も勿論ですが男らしい生き様がとってもかっこいいと思います。
是非、ハワイで焼き鳥を食べたくなったらグラッドに足を運んでみてください。

焼き鳥グラッド
住所:766 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816