飛行機で耳が痛い。。うまく耳抜きする方法は?


子供は飛行機が大好きですよね。
空港ではハワイに到着する前からワクワクしてはしゃいでいると思います。
でも、せっかくの飛行機移動を台無しにするのが飛行機での耳痛。。
特にお子様が痛みで泣いてしまうと周囲の目も気になります。
ぜひ耳痛の原理と対策を知ってうまく対処しましょう。

なんで耳が痛くなるの?

a11e43b4c70eb051cb7a9c530f7502be
出展:https://akachanikuji.com/hikouki

鼓膜の内側と外側で圧力が違うと、鼓膜は痛みを感じます。
潜水時や飛行機で急に上昇して気圧が変わったときなどに起こる現象です。
まず、短期的には耳に痛みを感じますが、場合によっては頭痛まで伴うこともあります。
また長期的にも、中耳炎になったり難聴の可能性もわずかながらあるそうです。
多少の痛みでもストレスを感じながら旅行はしたくはありませんよね。
早期に対処をして快適な旅を続けるのが、痛みと不安から遠ざかる秘訣のようです。

耳抜きの方法3つ

02_IMG_5763
出展:http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/lsnews/01/a01/00030691/

ごくかんたんな耳抜きの方法を三つ紹介します。
どれも、簡単に飛行機の中で行えるので、痛みを感じたら試してみてください。
まず一つ目は、口を閉じてから鼻を摘んで軽めから強めに移行するように鼻から息を抜こうとする行為です。
一般的に知られた方法ですが、短期的にしか解消できない点と、アレルギー性鼻炎の方は実行できない点、息を強く出しすぎても痛みを感じる点などがデメリットです。
ごく軽めからじょじょに強くしていくのがコツだと言えます。
でも小さいお子さんの場合、これを説明してもなかなか理解できませんよね。
そこで二つ目は、キャンディーを常に舐めておく方法です。
唾液を飲み込む行為で耳抜きが自然にできます。
これなら子連れでの旅行でも、お子様に飴を舐めさせておけば良いのでお手軽ですね。
最後に三つ目は飴よりは短期的に効果のある水を飲むという行為です。
気圧さえ安定すれば、短期的な治し方でも十分ですので、やりやすいものを採用してみてください。

耳抜きの際の注意点

images-1
耳抜きを実行する際の注意点がいくつかあります。
まず、鼻が詰まっている場合などは鼻水を取り去ってかから、鼻をつまむパターンの耳抜きを実行すべきだとう点です。
そうしないと鼻から息が漏れるので効果がなくなります。
不安な方は、空港の薬局などを探してみましょう。
噴霧式の点鼻薬が売られています。
次の注意点は、耳抜きをすることが逆に危険な場合もあるという点を理解することです。
耳抜きをして痛みを感じた場合は、耳の病気をすでに持っている可能性があります。
病院へ行くのはもちろんですが、キャンディーを舐める方法や水を飲む方法などで乗り切りましょう。
また、中に空気がたまった感じがする場合がありますが、2時間程度で緩和していきます。
それ以上延長するようでしたら、これも医師に相談した方が無難です。

ちなみにこんな器具もあるようです。
オトヴェント

毎回耳痛で悩まされるなど、どうしても不安な方は持参してはいかがでしょうか?