ハワイでスマホを使うならWiFiをレンタルしよう!


iphone_6_home_screen_hero

ハワイでもスマホを使えるととても便利です。
オアフ島自体で無料WiFiスポットを設定したり、お店の中では店員さんにパスワードを聞けば使えるフリーWiFiもあるのですが、いかんせん、入りが悪かったり、面倒だったりします。
無料WiFiにはセキュリティがありませんしね。
そこで安価にレンタルできるWiFiルーターをレンタルしてみましょう。

>>ハワイで使えるWiFiはこちら

c_fn000540_5_01

「グローバルWiFi」を利用してみる

ハワイで最も使わているレンタルWiFiの会社といっても過言ではないでしょう。
基本料金が1日あたり970円でハワイで使用できます。
日本の携帯を使うと、1日で3,000円などいってしまうことも多々あるので、電話やラインの使用頻度が高い方は是非加入すべきです。
パケット定額制と、通信速度も早く、料金体系が明確なので安心して利用できます。
事前に日本でレンタルしなくてはならないという面倒もありません。
ハワイでしたら、現地での受け取りと返却が可能です。
WiFi自体は日本から持ち込む必要がないお手軽感も人気のひとつです。
また、成田、羽田、関西空港などでも受け取れるので、便利なことはこの上ないと言えるでしょう。

「グローバルWiFi」の料金設定

気になるハワイでのレンタルWiFiの価格ですが、「ハワイとグアム」で使用可能にして、4GLTE大容量という豪華な設定にしても定額料金は1日あたり、1270円です。
大容量を外して、多少使用を控えるようにしても970円とリーズナブルな価格です。
これらの基本料金に加えて、必要に応じてモバイルバッテリーなどをオプションとして利用すると良いでしょう。
特に離島探訪を予定している方などは、充電できる場所が限定されてしまう場合があるからです。
もし、破損した場合や海の近くで行動することが予定されている場合は、迷わず540円の任意保険に入りましょう。
1日あたりの計算に追加される金額になりますが、余計な面倒を起こさずに旅行を楽しむことができます。

>>グローバルWiFiはこちら

現地のポケットWiFiを使う

「CLEAR」という現地のポケットWiFiもあります。
基本的にはグローバルWiFiがオススメなのですが、SIMの関係などで利用できない場合は検討する余地があるでしょう。
軽くて便利なのですが、メリットデメリットがあることを理解しましょう。
電源を入れてSSIDというコードとパスワードを入れるだけで利用でき、持ち運びに有利という点がメリットです。
逆にデメリットは、現地人(日本語ができる場合もあり)と英会話をしなくてはならないかもしれないという点と、バッテリーがすぐに切れるという点です。
バッテリーに関しては、事前に小型バッテリーなどを持っていくと有利に事が運びます。
日本でグローバルWiFiの設定に間に合わなかったという際には検討してみてください。
レンタルWiFiルーターは、リーズナブルな価格に設定されていることが多い点も考慮できそうですね。

▼ハワイで使えるレンタルWiFiのご紹介▼








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です