今、注目の『カカアコ』ってどんなとこ?見どころや食事は?



visiting18-1_05
オアフ島ホノルルで最も注目されているエリアがカカアコ。
アラモアナやワードは聞いたことがあっても、カカアコはまだ馴染みがない名前かもしれません。
カカアコはアラモアナとダウンタウンの間にあるエリアで、この地区を第二のワイキキのような都市にしようと近年再開発が進められています。
また2019年には、カポレイからホノルル空港を通りアラモアナセンターまでの21の駅を繋ぐホノルルレールトランジットの開通が予定されており、終点の1つ手前のカカアコにも停車駅が出来るため今後ハワイを旅する上で見逃せない街の1つとなっています。

カカアコの見どころは

imgp4451
カカアコ周辺の人気観光スポットのひとつにカカアコ・ウォーターフロント・パークがあります。
カカアコ近隣に住むロコたちの憩いの場所となっています。ヤシの木が並ぶ遊歩道を歩いたりダイヤモンドヘッドの見える芝生でランチをしたりと、まったりできる場所です。

カカアコ地区は開発まっただ中

kakaako-vision-1
全米で約1000店舗を展開するオフプライスチェーンの「TJ・マックス」が上陸したのをはじめとして、話題のレストランやショップが次々に開店することで知られています。
今後15年間に22棟のコンドミニアム(マンション)が建設される予定。
劇場など、各種エンターテインメント施設もどんどん作られるそうです。
そして、カカアコはいつの頃からかアーティストが住む街になっています。
あちらこちらの建物の壁にウォールアートが描かれており、その絵は毎年更新されているようです。
一度訪れた街でもウォールアートが変わることにより街の雰囲気が変わるため、何回訪れても飽きません。
まさに見どころ満載の街なのです。
4

2

visiting18-1_03

visiting18-1_04

カカアコ地区ならではのイベントも目白押し

1

editornews12_pic10
カカアコはイベントの街とも言うことができます。
毎月・第3土曜日に開催される「HONOLULU NIGHT MARKET」(ホノルル・ナイト・マーケット)では、ローカルフードを味わえるフードトラックが多数出店しています。
倉庫の中には雑貨や、ファッショアイテムのブースもたくさんあります。
夜が更けてくるとかなりの混雑してきますので、子連れハワイ旅行者は夕方早めに行くのがオススメです!
そして、毎月最終金曜日の夕方には、カカアコの空き地にフードトラックが集結の「Eat the Street」が開催されます。
ここでは各種フードトラックが集うだけでなく、毎回テーマを決めて、料理を集めています。
テーマは毎月変わりますので、色々なハワイアン料理が楽しめます。
イベントに合わせて行くマニアなツーリストもいらっしゃるそうですよ。

カカアコ・ファーマーズマーケット

o0800060012859187559

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アラモアナから西へ500メートルほど離れた場所にあるワード・ビレッジ・ショップスのモールの1つワードウエアハウスでは、毎週土曜日の朝に「カカアコ・ファーマーズマーケット」が開催されています。
ファーマーズマーケットと言えばKCCが有名ですが、この「カカアコ・ファーマーズマーケット」は地元の野菜、果物などの食材が並ぶほかローカルならではの料理も食べることができ、ここでしか買えない工芸品などのお土産も販売しています。
KCCとはちょっと違い、地元ではお洒落で落ち着いたファーマーズマーケットとして人気があります。
最近ツーリストの間でも注目を集めている穴場スポットです!
shopping22_05

まだ聞きなれない名前のエリアですが、多くの人が関心を持つだけあり色々な顔がある『カカアコ』。  
夜まで賑やかなワイキキとは全く違い、カカアコは街全体が穏やかで豊かな自然に恵まれていますので、のんびりまったりハワイを楽しみたい子連れハワイ旅行者にはぴったり。
現在も開発が進んでいるカカアコがこれからどのような発展を遂げていくのかとても楽しみでもあります。
ホノルルレールトランジットの開通でこれからさらに注目度が増すであろうカカアコに今後も目が離せません。