カネオヘ・サンドバー(天国の海)の行き方、楽しみ方


アフ・オ・ラカと呼ばれ現地のフラ(『踊り』や『精霊への詩歌の歌い手』の意味)の聖地とされる、美しい砂浜の浅瀬の島の観光スポットがあります。
現在では天国の海カネオヘ・サンドバーと呼ばれているのです。
古来より、宗教的な聖地ともされてきたその神秘的な光景は、ハワイの自然環境が創り上げた奇跡ともいえるでしょう。
その真っ白な砂浜は細かいサンゴにより形成されていて、淵の海はエメラルドから絵の具の様に青色の様相を見せるため、人気のスポットになっています。

カネオヘ・サンドバーへの行き方

kaneohe1
出典:http://matome.naver.jp/odai/2137511680221268201

カネオヘ・サンドバーはカネオヘ湾にあります。
ワイキキから車で約40分程度あるため、詳細な行き方をチェックしましょう。
ワイキキ、カラカウアアベニューからカパフルストリートへと左折をします。
カパフルストリートは、ホノルル動物園に沿う通りと言えば、容易にイメージできるでしょう。
そのまま道なりに進むとフリーウェイである「H1 WEST」に入り込むことができます。
「20A」というジャンクションから、「リケリケ・ハイウェイ」に移ります。
進んでいくと今度は「カヘキリ・ハイウェイ」へと抜けます。「HAIKU」と書かれた道路標識を目印に「ハイク・ロード」を右折しましょう。
その後「カメハメハ・ハイウェイ」を左折すると山道に入ります。
すると、大きな無料駐車場の看板が見えますのでカネオヘ湾に到着となります。
今回は、最もカネオヘ・サンドバーを楽しめる「キャプテンブルース」のボートハーバーへの案内となります。

最も綺麗な360度の海のパノラマを楽しめる「キャプテンブルース」のツアー

352e4b373e0bd6_l
出典:https://retrip.jp/items/5811/

ボートなどでも行けるのですが、やはり島(時期や場所によっては膝から腰まで海である浅瀬の島となる)を自分の足で歩いて楽しむのが「天国の海」を堪能するのには最適の方法です。
「天国の海ツアー」の名称を使えるのは、実はキャプテンブルースのツアー会社だけです。
無断で使用されている別会社では、申請が遅かったため、最も綺麗な島には行けないようになっています。
さて、カネオヘ・サンドバーを最大限に楽しむためには、サンドバーウォークだけでなく、スノーケリングやウミガメウォッチングも試してみましょう。
日本人スタッフに尋ねれば、ウミガメだけでなく他の海の動物とも巡り会えるかもしれません。
周囲が全て真っ青な海になりますので、防水タイプのカメラを持ち込むのも良いアイデアかもしれませんね。
多数のCMなどにも使われている程なので、その美しい島の中にいるだけでも十分に楽しめることは請け合いです。
また、家族旅行での不安な点などは、ボートに乗る客数に応じた日本人スタッフと、救急助士の資格を保有した社員たちにより払拭されるでしょう。
家族みんなで共通の思い出を残したい観光スポット、それが天国の海、カネオヘ・サンドバーなのです。

キャプテンブルース

カネオヘ湾
住所:46-499 Kamehameha Hwy, Kaneohe, HI 96744