ホノルル・グルメ・フーズのドレッシングが絶品!


ハワイでサラダを食べた時、またはハワイから出店しているお店でサラダを食べた時、独特の風味を感じたことがある方も多いかと思います。
ハワイのドレッシングには、他の地域ではあまり見られないフルーツを使ったものがあるからです。
全体的に甘めの風味は、甘い素材を使っている場合もありますが、南国特有の太陽光をいっぱい吸収した野菜からもたらされる甘みも多分にあります。
今回は、そんな特有のフレーバーで舌にうれしい、ホノルル・グルメ・フーズとそのドレッシングをご紹介します。

ホノルル・グルメ・フーズって?

47_img2
出典:http://www.hawaiist.net/topics/oahu/471

ホノルル・グルメ・フーズとは、ファーマーズマーケット(朝市)の一つで、地元の農場や農家を応援したいという思いと、ハワイの特産品を創り上げたいと思ったオーナーが立ち上げたブランドです。
そのドレッシングは、KCCファーマーズマーケットで購入できるのですが、場所や時間的に難しい場合が多々あります。
そんな訪問者の希望に応えて、パシフィックビーチホテルのロビーでも販売されるようになりました。
実はオーナーさんはカピオラニ・コミュニティ・カレッジ(KCC)の料理学校を卒業して、このブランドを立ち上げた女性なのです。
このオーナーのジルさんは沖縄の出身なので、ハワイアンなテイストを残しつつも、日本人の口にも合うドレッシングを作ることに成功しました。

どんなドレッシングがオススメ?

1495_shop_img1
出典:http://www.kaukauhawaii.com/storedetail/1495/

ハワイの各地で使用されている場合があるので、実際に味わってみて気に入ったボトルを覚えておき、購入するのが一番だと言えるでしょう。
種類は4種類あります。
「アジアン・マウイオニオン」というすりおろしたタマネギが入った普通のサラダに適しているドレッシングです。
「マンゴー・パパイヤシード」は、その甘さからサラダ用というよりも肉料理や魚料理にも使えるドレッシングだと言えるでしょう。
「ハニー・ローステッド・ガーリック」は、ハワイアンなプレートを作る際に利用できそうですね。
最後の「クリーミー・ハニーハーブ」もサラダに最適です。
基本的に、味を整えるため、ハワイの味を引き出すために、タマネギが使用されています。
また、誰でも食べられるように、スパイスは味を引き締める程度に抑えられているのが特徴です。
その他にもコーヒーバターやリリコイバター(パッションフルーツのバター)、フレーバーソルトなどが販売されています。
ドレッシングを基軸にどんなサラダや料理を作りたいのかを考えながらお土産として購入すると良いですよ♪