芸能人御用達!アイランドスリッパーの抜群な履き心地


冬の時期になると芸能人がハワイに行くことが知られていますが、ブログなどでアイランドスリッパーという言葉が一般にも知られるようになりました。
なぜ芸能人がそこまで履きたがるのでしょうか?
今回はアイランドスリッパーの魅力についてご紹介します!

アイランドスリッパーについて

img61459437

アイランドスリッパーは1946年にハワイ・オアフ島で創業されました。
実はアイランドスリッパーには日本人が深く関わっているんです。
ハワイへ移住した日本人である本永瀧蔵(もとながたきぞう)さんがこのアイランドスリッパーの原型を作り、その息子のエドワード・モトナガさんの時代に工場化されて発展してきました。
1986年には現社長のジョン・カーペンター氏に引き継がれ、アイランドスリッパーは世界的サンダルメーカーとして大きく成長しました。
そのコンセプトは「デザインから製造まですべてハワイで行うリゾートサンダルメーカー」。
それは今も変ることなく、製品はすべてメイド・イン・ハワイとなっています。
アイランドスリッパーは工場で作られていますが、全自動の機械化がされているわけではなく、一足一足職人の手によって丁寧に作られています。

アイランドスリッパーはどこで手に入るの

7_islandslippers1-1
出典:http://www.hawaiist.net/hawaiinfo/oahu/waikiki/2571

ハワイにはアイランドスリッパーのお店が2店舗あります。
一つはロイヤルハワイアン店で、ワイキキ中心街から「Kalakaua Ave(ラウウラ・ストリート)」を使って南下した先にある、ロイヤルハワイアンセンターの中にあります。
営業時間は、嬉しいことに毎日営業で朝10時から夜10時までです。
もう一店がワードウェアハウス店で、ホノルル中心部から、やはりクィーンストリートなどを使って南に進んだ「ザ・ワード・ウェアハウス」の内部にあります。
お土産に便利な場所としても有名ですね。
肝心の営業時間は、月曜日から土曜日は朝10時から夜9時まで、日曜日だけが10時から8時と、やや短めなので注意する必要があるかもしれません。
近年非常に有名になっているので、タクシーの運転手に「アイランドスリッパー」と言ってみましょう。
どちらが良いか聞かれますので、好みの店舗に行くと良いでしょう。
ゆったりとした内部で、じっくり自分好みのアイランドスリッパーを探すのも非常に楽しいものです。

アイランドスリッパー ロイヤルハワイアン店
住所:2201 Kalakaua Avenue #A208 Honolulu ロイヤル・ハワイアン・センターA館2階

アイランドスリッパー ワードウェアハウス店
住所:Ward Warehouse 1050 Ala Moana Blvd Honolulu

気になる履き心地は?

SONY DSC
出典:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/2nd/aroundtheworld/post-270.html

ハワイを満喫するには、ビーチを歩く必要があります。
また、島全体が暑いため、加えて雰囲気を味わうためにもスリッパスタイル(いわゆるビーサン)が一般的です。
実は履き心地に特化したスリッパこそ、アイランドスリッパーだとも言えます。
先に紹介した日本人創業者が「草履(ぞうり)」のような優れたフィット感、歩いても疲れないものを作りたいというコンセプトで作られたのがこのアイランドスリッパーなのです。
革素材が足にジャストフィットし、ビーチでもコンクリートでも、歩いていて疲れません。
また、革製品独特の重厚な造りが足取りをいっそう軽くします。
身も心もリラックスしてハワイを満喫するために作られたと言っても過言ではないスリッパです。
とある有名人曰く「極上のスリッパ」だそうです。芸能人がこよなく愛する理由が分かりますね。
ラバーソウルタイプは女性にも人気であり、デザイン性でも優れています。ハワイに行ったならば、履いて歩かねば損かもしれませんね!

▼おまけ▼
ハワイ大好き!木梨憲武さんのオフィシャルショップ「木梨サイクル」でもコラボ商品が販売されてますよ。

06261837_51cab63e86210
購入はコチラ

06281548_51cd31d420ab9
購入はコチラ

06271554_51cbe19d40eaf
購入はコチラ

【あわせて読みたい】
ハワイによく行く芸能人って誰?