ノースショアの芋焼酎「波花」が人気!売り切れ必至


ハワイで焼酎が作られていることをご存知ですか?
今回は唯一ハワイで作られている焼酎をご紹介します。

ハワイアン焼酎カンパニーの『波花』

b0292351_1134154
出典:http://ameblo.jp/hawaii-ni-sumu/
ハワイ・ノースショアの芋焼酎「波花」とは、ハワイ生産のさつま芋で製造された本格芋焼酎なのです。
オアフ島ノースショアにはハレイワという小さな町があります。
ハレイワ郊外、広々とした草原の中に日本人が運営する焼酎の製造所があります。
その名前は「ハワイアン焼酎カンパニー」。
その歴史はまだまだ新しく、2013年の秋に初出荷となっています。それ以来、まだ二年ほどの歴史ですが、とても高い人気を博しています。
ハワイはきれいな海と、豊かな自然が融合する国です。
「波花」は、その自然の恵みを活かした美味しい水とさつま芋、そして日本が誇る伝統技術という、まったく新しい発想で造りだされた、高品質な本格芋焼酎です。

どんな風につくられてるの?

5-2
出典:www.hawaii-arukikata.com
その生産の工程にもこだわっていて、使っている瓶などは、日本から持ち込んだ伝統的な物を使用しています。
ここに蒸したさつま芋と麹を入れ、もろみが発酵される仕組みです。
蔵を運営している平田さんは鹿児島の酒造所に弟子入りし、伝統製法を修得した本格派です。
もともと平田さんも奥様もハワイ好きで、ハワイの伝統料理ポイを食べていたときに、ハワイで芋焼酎を作る発想を思いついたそうです。
アイデアや発想はどこに落ちているかわからないですね。
その後は持ち前の行動う力で、芋焼酎の伝統製法を学ぶために鹿児島にある万善酒造に弟子入りしノウハウを学びます。
修行後、奥様と共にハワイへ移住し、ノースショアでの焼酎造りを開始しました。
手揉みによる麹作りに、修業先から譲り受けた100~150年前に造られた瓶を使用するなど、平田さんのこだわりがたくさん「波花」には込められています。

どんな味?

img_2
出典:http://ameblo.jp/angelayusmile/
木樽蒸留器は杉で造られているので、とても日本を感じることができる味に仕上がっています。
焼酎の味の特徴は、さつま芋の豊かな香りと、すっきりとした飲み口です。
補足になりますが、「波花」はホノル ル市内のレストランやバーで飲むことができますが、小売りでの販売をしているのは平田さんの蔵のみです。
1本税込39ドルで購入することができます。
注意点としては、注文したい際には事前予約してから、蔵を訪問することが必要になります。
仕込みに使う麹の種類やお芋のブレンドにより多少の味の異なりがありますが、基本的には「波花」の味は、さつま芋の芳醇な香りを携えつつも、すっきり辛口です。アルコール度数は、普通の焼酎よりやや高めの30度に仕上げています。

購入したいときは事前予約を!
ハワイアン焼酎カンパニー

ハワイでもここでしか手に入らない貴重な焼酎。
お土産としてもきっと喜ばれるはず。
39ドルとちょっと高めかもしれませんが、特別な方へのちょっと変わったお土産としては最適です!
もちろん自分で味わうのもいいですね。
ハワイを愛する日本人の方なら是非1度味わってみてほしいものです。