ハワイの空港からワイキキホテルに行く方法と値段!家族4人ならどうする?


ホノルル国際空港からホテルに行く方法は、ホテルまでの送迎が付いているパッケージツアー利用なら団体用の出口を出ると各旅行会社の現地スタッフがいるので心配ありません。
でも、個人で航空券やホテルを手配した場合は自分で空港からホテルまで行かなければなりません。
ホテルが集中するワイキキエリアへはタクシー、エアポートシャトルバス、レンタカーがおもな交通手段です。

超基本!予約などせずタクシーを利用

honoluluairporttaxi
タクシー乗り場は、到着ロビーの個人用出口を出て中央分離帯にある”TAXI”と書かれているブースの前で待っていると
空車のタクシーが止まってくれます。
空港からワイキキまでの料金は40ドル前後、チップは料金の20%程度が目安ですが
人数が多く又スーツケースや大きな荷物があったときには少し多目にチップが必要です。
4人家族の場合、タクシードライバーにホテル名を伝えることが問題ない方にとっては最も有効な交通手段と言えます。

ワイキキまでの所要時間:20〜30分/40〜50ドル+チップ
タクシーはワイキキへ最も早く到着する交通手段ですが、朝は道路が渋滞するのでもう少しかかる場合もあります。

リピーターに人気のチャーリーズタクシー

charrytaxi
リピーターに人気の定額料金制のチャーリーズタクシー
公衆電話等から日本語オペレーターへ電話後、10分ほどでタクシーがやって来ます。
空港〜ワイキキ間は29ドル+チップ。
そして自転車、サーフボード、その他重さ36Kg以上又は容量283ℓ以上の荷物には、1つに付き$5の追加料金が発生します。
またチャイルドシートにも$10の追加料金が発生します。
小さいお子様連れの場合チャイルドシートを2機つけると49ドル+チップとなり通常のタクシーより高くなってしまうかも。
チャイルドシートが必要ないお子様連れの方には向いているかもしれません。

ワイキキまでの所要時間:20〜30分/49ドル+チップ

乗り合いのシャトルバス

タクシーと同じく中央分離帯に停留所があってやってきます。
予約なしで乗れるスピーディシャトルと予約が必要なシャトルがあります。
ホノルル空港からエアポートシャトルバスで移動します。
空港からワイキキのホテルやコンドミニアムを巡回して、滞在するホテルの前で降ろしてくれる便利な乗合シャトルです。
ワイキキまでの料金片道約15ドル、往復約27ドル(一人あたり)
4人家族だとだいたい60ドルくらいになってしまいます。
こちらはハワイに旅慣れた一人もしくは二人旅の方に向いているかもしれません。

荷物は2個まで無料、追加1個につき8ドル(ベビーカーは無料)。
タクシーよりも経済的ですが、ワイキキから空港へ行く時にかなり時間に余裕を見ておく必要があります。
予約が必要な乗り合いシャトルバスのサービスをしている会社は沢山あり独自の料金とサービスを設定していますので
シャトルを空港から利用する場合には料金や所要時間を乗る前にきちんと確認したほうが良いでしょう。

復路のホテルピックアップは、フライト時間の2時間半前、往復でチケットを買った場合は
ホテルへ乗客をピックアップするため空港までかなり時間がかかってしまうこともあるから注意が必要です。

ワイキキまでの所要時間:約40分/60ドル+チップ

レンタカーで移動

hawaii365net0000551
ハワイには何度か来たことがあって車の運転にも自信がある人にはレンタカーがおすすめです。
滞在中に毎日レンタカーを利用するなら、空港内の営業所で借りるのもおすすめです。
ホテルのチェックインまで買い物や観光で時間をつぶすこともできます。
大手のレンタカー会社は、日本に窓口があり、 各社のホームページから日本語で予約が可能です。
日本人旅行者向けのお得なセットプランや割引が利用できます。
予約してあるレンタカー会社のシャトルバス(無料)に乗ってオフィスに行って
予約確認書、日本の免許証、クレジットカードを提示してサインをするだけでOK。

料金の目安は
ドル払いの場合、基本プランの小型車で50ドル〜
1日、セットプランの小型車が75ドル〜
5〜7日利用で310ドル〜
これに追加したい保険、必要なオプション料金(カーナビ、25歳以下の運転者追加料金、追加運転者登録料等)
プランに含まれていない税金がそれぞれ日数分と、ガソリン代の精算(自分で給油して満タン返しにするのもOK)が加算されます。
5〜7日間のレンタルには、5日借りても7日借りても同一料金のウィークリー料金が適用されます。
レンタカー会社の日本窓口では最低限の保険が付いた基本プランと、フルカバーの保険、税金、ガソリン代などが含まれたセットプランがあります。
また支払いもプランによって、円払い・ドル払いのものとさまざまで、円払いのプランは、申し込み期限が日本出発の5日前など早めの申し込みが条件となります。

レンタカーを借りる場合ホテル滞在中の駐車場料金もかかります。ホテルにより無料、割引などさまざまです。

The BUSで空港からワイキキ

the_bus2
乗り場は2階出発ロビーの中央分離帯にバス停があります。19番、20番のワイキキ行に乗ればたった2.50ドル です。
ただし荷物がある人は乗せてもらえません。。
バスに持ち込めるのは自分の膝の上に抱えられる程度の大きさまでの物に限られています。
パック1個程度くらいの荷物で、必要なものは全部ハワイで買ってしまうリピーター向けといえるでしょう。
とてもリーズナブルですが、子連れ旅行者にはちょっときびしいかな。

オススメはタクシー

空港に着いたばかりは子どもが眠くてぐずっていることも多いはず。
交通手段を予約していると時間が気になってしまいますので、あえて予約などせずに空港についてからタクシーを拾うのが一番有効な交通手段と言えます。
もしホノルルに着いたらすぐにあちこちに遊びに行きたい行動派の方にはレンタカーをおすすめします。

日本からワイキキに午前中に着いたらホテルのチェックイン迄の時間を有意義に過ごすか、旅のプランに組立てみてはいかがでしょうか。